お勧めのビジネス本(ブログ) お勧めのビジネス書(サイト) お勧めのTOEIC問題集・攻略法
日刊GCPメルマガ 週刊GCPメルマガ 医薬品ができるまで
ホーライ製薬(ブログ)/(サイト版) GCP解説(サイト版)(ブログ版) ホーライ社長の独り言
GCPガイダンス(条文別) 治験に関する通知集 治験のホームページ
治験とは 治験リンク集 モニターへの道
ホーライ製薬のfacebook ホーライのツイッター 塚田 淳彦 facebook
ワンダーランド日記 3日でできる自己啓発 3秒で分かるビジネススキル
TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法 治験・臨床試験等のニュース 医学知識等(ブログ版) ●サイト版
仕事のコツ(超シンプル) 仕事ができる人に成る方法 GCPメルガマのバックナンバー
成長する方法 お勧めの音楽 成功哲学・成功原則 
仕事の達人になる方法(上級編) 元気が出るヒント GCPの解説 / GCPの問題集
仕事の達人になる方法(仕事のコツ集) 人生と仕事の成功法則 やる気が出るヒント
もっと見たい!という奇特な人はここをクリック!(日々増殖するリンク集)別ウィンドウで開きます。

今日は何が更新されているのかな?
  


忍者ブログ
  • 2019.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/21 15:17 】 |
伝説の人物になる方法■人生の達人になる方法

あなたは、他人の年収が気になったりしませんか?

転職サイトのスキル診断をやってみて、年収の高い企業の募集に心が動くこともあるでしょう。

実際、僕だって気になります。
だからという訳ではありませんが、僕は今の会社で7社目になります。(いい加減、落ち着きたいのですが。)


今は昔に比べて転職もかなり容易にできます。

でも、年収アップだけに動き回っていると、気がつけば、根無し草になってしまうのです。


それでも人が年収にこだわってしまうのには、何故でしょう?

それは、あなたは1ヶ月の給料と自分の時間や能力を交換しているからです。


給料とはつまり、1ヶ月分のあなたの「代金」なのです。

人生は「限りある時間をどう使うか」で成り立っているのですから、「自分の代金」にこだわるのは、ごく当たり前の心理と言えるでしょう。

しかし、だからこそ、あえて安く売ることが逆説の成功法則になったりします。

 

転職に場面においては、企業は「この人は毎月給料を払うに値する仕事をするだろうか」と値踏みします。

企業は人材を「買う」場合、できるだけ優秀な人材を安く買おうとします。

そんなビジネスの場で、「この人はお買い得だな」と思われれば買い手は殺到、難なく採用されるわけです。

あなたはこの原理を使って、転職、あるいは将来起業した時に、もっとも付加価値の高くなる企業を選べばいいのです。

そこで、全力を尽くします。

 

自分の価値が上がれば、給料、金銭はあとからついてきます。

経営者の立場で考えれば、価値を生み出せる「できる」社員は、いくら金を積んでも手放したくない存在のはずです。


大事なのは、今の仕事を通じて付加価値を高めることができるかどうかなのです。

自分を成長させることができるかどうかなのです。

この原理に気づいた人と気づかなかった人とでは、この先、全く違う人生を送ることになるでしょう。


----------> 【ポイント】

その仕事で、自分を成長させることができるかどうか



■■■■■ さらにもっと人生の達人を目指すサイト ■■■■■■
         ↓
「人生の達人になる方法、おすすめの音楽から人生を変えた楽しい本、仕事のコツ、幸せになる方法、自己成長する方法」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。


 

拍手[0回]

PR
【2011/02/26 19:46 】 | 仕事に対する考え方 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<勝利をもらいたいならこの曲★交響曲第5番 『運命』(ベートーヴェン) | ホーム | 人生の達人になる方法■自己啓発の方法>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>